マイカードプラスの自動融資機能

三菱東京UFJ銀行のカードローンというと、阿部寛さんがテレビコマーシャルをしている「バンクイック」を真っ先に思い浮かべるのではないでしょうか。確かに露出度も多いですし、カードローンとしてのスペックもなかなかです。

 

しかし、三菱東京UFJ銀行にはバンクイック以外にもカードローンがあります。その名を「マイカードプラス」といいます。

 

 

そこで、マイカードプラスの特徴などをご紹介していきます。

 

口座の残高が足りないときに自動融資してくれる

マイカードプラスを申し込むためには、あらかじめ三菱東京UFJ銀行の口座を持っていると便利です。

 

三菱東京UFJ銀行の口座は、カードローン以外にもクレジットカードの返済や公共料金の引き落としなど、様々な目的で使われます。あまり頻繁に通帳に記帳をしない人は、今自分の銀行口座にどれだけのお金が入っているか、把握していない人も少なくありません。

 

もし、カードの返済日や公共料金の引き落とし日に口座の残高が足りなければ、どうなるでしょうか。引き落としや返済は実行されずに、利用者にマイナスの評価がついてしまいます。マイナスの評価がついてしまうと、今後住宅ローンなどを利用するときにも不利に働く可能性が高いので、できれば避けたいところ。

 

マイカードプラスを持っていれば、それを避けることができます。

 

例えば、普通預金口座の預金残高が2万円で、クレカや公共料金の引き落とし金額が5万円だとすると、3万円足りません。そこでマイカードプラスの出番です。

 

マイカードプラスであれば、不足金額である3万円を自動で融資してくれるのです。マイカードプラスの限度額は30万円ありますので、ある程度の不足額でしたら十分にカバーできますね。

 

自動融資は地方銀行のカードローンでも多く見受けられるサービスですが、オリックス銀行のサービスをはじめとするネットでの借り入れが行えるような銀行には設定がされていません。

 

銀行特有のサービス内容ではありますが、自動融資が可能かは申し込み前に確認をしておくと良いでしょう。

 

自動融資機能が使えない場合

しかし、マイカードプラスをもってしても、以下のケースでは自動融資機能は働きませんので、注意してください。

 

・マイカードプラスの返済用預金口座がマル優の場合
・ATMや窓口で預金の払い戻しをしたことによる残高不足
・「マイカードプラス」もしくは「バンクイック」の約定返済
・デビットカードのサービス
・定額自動送金のサービス
・リアルタイム口座振替のサービス

 

自動融資が取り消し、あるいは減額される場合

自動融資機能が働いても、それに対して利息が発生しますので、うっかり屋さん以外は利息が発生してしまう自動融資機能はあまり発動させたくないもの。

 

自動融資が働いたその日の19時までに返済用の普通預金口座にお金の入金があった場合、自動融資機能で融資された金額、もしくはそれ以上の入金があれば自動融資機能は取り消しされ、利息は発生しません。

 

取り消しが行なわれた際には、「ジドウユウシトリケシ」と通帳に記載されます。

 

自動融資機能で融資された金額以下の入金の場合には、「自動融資戻」と記載されますので、不足分は自動融資がなされます。

 

自動融資はメールでお知らせ

マイカードプラスで自動融資機能が働くと、「カードローンの自動融資による口座振替処理のお知らせ」が、Eメールで届けられます。このメールお知らせ機能を利用するためには、以下の条件を満たさなければなりません。

 

・三菱東京UFJダイレクトの契約をしている
・返済用口座が三菱東京UFJダイレクトの代表口座などに登録されている
・Eメール通知サービスを申し込み済みである

 

Eメール通知サービスは、ネットバンキングやモバイルバンキングから申し込み可能です。

 

便利な機能ですので利用したいところですが、三菱東京UFJ銀行の住宅ローン、住宅金融支援機構からの借入、目的別ローンの返済の際に自動融資機能が働いたとしても、Eメールによるお知らせがないので、注意してください。

 

メールによるサービスは何かと便利で、カードローンを利用する上でも最大限に活用したいものです。消費者金融大手のプロミスにおいても、メールによってプロミスの返済を期日前に確認ができるようになっているので安心です。